急に痛くなった腰痛やスポーツで痛めた膝痛でお困りの方へ、手技療法とスポーツ整体で根本改善

がんばる女性へ


あー、肩がこった。首もくるしい。
そんなあなたの肩こりはどんなタイプ?
肩こりがひどくなると頭痛までしてくると言う事務職のOLさん。
赤ちゃん育児中のお嫁さん。
パートをがんばる女性。
毎日家事がたいへんなお母さん。
マッサージに通っているが、全然よくならない。
他の整体に行っていたが、いまいち。
肩こりといって、肩だけを診るのでは痛みがすぐ戻ることが多い。
「鹿の子整体室」は全身を必ず診ます。
よーし、他との違いを感じさせますよ!


身体の使いすぎから起こる肩こり

重い荷物を運んだり、肉体労働をする人は、筋肉の使いすぎで肩こりを起こします。なかでも、よく使う棘上筋が腫れて痛むことが多いようです。


運動不足からくる肩こり

現代社会は車社会です。どこへ行くにも、歩くことは少なくなりました。運動不足は肩こりの大きな原因の一つです。


体型からくる肩こり

女性に多いなで肩は、肩の関節も腕のほうに下がり気味に傾斜しているため、腕を持ち上げるとき、筋肉に大きな負担がかかるので、疲労しやすく肩がこりやすいようです。

猫背の人は、背中が丸くなって、肩や頭を前に出すような姿勢のため、首や背中の筋肉がつねに引っ張られて肩がこります。

バストの豊かな人も、乳房の重みで姿勢が前項になりがちです。

やせた人と太った人どちらも肩がこります。

やせた人は筋肉の発達が十分でないことが多かったり、太った人は重い体重が背骨に大きな負担をかけるので肩がこるようです。


姿勢からくる肩こり

ついつい夢中になって、長い時間パソコンに向かっていませんか。
事務や洋裁、精密な仕事など、仕事や趣味などで、長い時間同じ姿勢をとっていると運動不足に眼精疲労も加わって、肩がこります。


ストレスからくる肩こり

悩みがあったり、考えごとをしていると、身体をほとんど動かさないので、筋肉もうごきません。そのため、血流がとどこおるので、肩がこります。現代人特有の肩こりです。


身体の異常からくる肩こり

肺、心臓、肝臓、胆のう、胃・十二指腸などの病気の関連痛として肩がこることがあります。たかが肩こりとほうっておくと大変です。身体の中の異常信号のこともあります。

女性の自覚症状トップは肩こり

肩こりという症状はシンプルに表現するならば「肩周辺の筋肉の緊張」です。使いすぎによる肩こりもあれば 逆に余りに使わない為に起こる肩こりもあります。筋肉を余りに使わないと、どんどん筋力が低下していき、 いざ、筋肉を使った場合に何でもない運動が大きな負担となり、肩の筋肉が緊張を引き起こします。

また、最近では ストレスという心因性の肩こりも徐々に増えてきています。この心因性による肩こりなどは 小学生から大人に至るまで慢性化しやすく、正に「現代社会の病気」と呼ぶにふさわしいものではないでしょうか。

肩こりが酷くなると肩は勿論、肩周辺の筋肉沿いに首の固定を引き起こします。首が固定化を起こすと 当然頚椎は徐々に歪み,全身のバランスにも大きく影響が出てきます。単なる肩こりのはずが 偏頭痛や眼精疲労,疲労感,貧血などを引き起こすのはこういうケースが多いのです。

余りに酷い肩こりを自覚している場合はとりあえず一度からだを整体することをお奨めします。 肩の筋肉をどれだけほぐしても、頚椎の歪みをとらない事には根本的には何も解決されていません。 しっかり根っこを解決した上で今後の肩こり対策を考えていきましょう。


当院では肩痛、肩こり、頭痛、五十肩、四十肩など 肩の痛み全般の施術はまず第一に、からだ全体のネジレ・ 傾き、骨盤の歪み、筋肉のコリを緩める施術をおこないます。

からだ全体のネジレ・ 傾き、骨盤の歪み、筋肉のコリ、拘縮を緩め、整える施術をおこなわずに、いくら局所の施術を しても、「治療をした時は、いいけれど」 「時間がたつと、痛みが戻る」「なかなか治らない」 とか、症状の改善 ・ 消失の根本的な解決とはなりません。

骨盤や背骨など全身の筋肉の強張りを緩め、特に首、肩、腕、周辺の筋肉の緊張を和らげていきます。身体の中心・腰の硬さは骨盤を歪め、肩甲骨の位置異常を引き起こしてしまい、肩、首、腕、に余分な負担をかけてしまいます。

右半身(左半身)だけが不調古処が多いなんてことはありませんか?
からだは全身筋肉でつながってひとつとして働いています。多くの痛みやシビレの症状は、仕事や家事などの同じ繰り返す動作(からだを歪めたまま)、筋肉を酷使した結果です。全身の歪みを整える施術をしない局所の施術のみでは、回復していかないケースがほとんどです。全身の施術が必要となります。だんだん長持ちする身体へ変えていきましょう!

疲労から来る 肩こり整体

週に1回~2週に1回の調整なら~肩・頚椎・骨盤調整を中心に。

痛みで腕が上がらない・痛みが強い 肩痛整体

画像の説明
週に2・3回調整で治療効果を高めて、早期緩和へ。

メンテナンスお任せください
a:4275 t:2 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional